MENU

風俗で毛ジラミをうつされ、更にそれを彼女にうつしてしまいようやく治療に専念した経験

このエントリーをはてなブックマークに追加   
かかってしまった性病名 性別 年齢
毛ジラミ症 男性 31歳

毛ジラミにかかるまで

これは私が社会人になったばかりのころの経験です。

 

当時、私は付き合っていた彼女がいたのですが、私はそれまで女性と一度も付き合ったことがなく、また、風俗の経験も一度もありませんでした。

 

もちろん、そのことは彼女も知っていました。

 

しかし、いざ社会人になってみるとまわりは誘惑ばかり、飲み会に行くと最後は先輩から風俗に誘われ、結局断ることができなかった私は、初めての風俗を経験することになるのです。

 

すると、それからは、彼女に申し訳ないとは思いながらも飲み会のたびに先輩と風俗に行っていました。

 

その様に何回か風俗通いを半年くらい続けていたある時、ふと陰毛が生えているところがかゆいことに気が付きました。

 

かゆいと気づき始めてからは、そこがとてもかゆく感じ、我慢できないほどでした。

 

あまりの痒さに夜も寝れなかった記憶があります。

 

私は、最初は痒さの原因がわからなかったのですが、あまりに長い期間痒さが続いたので、かゆいと思ったところをよく観察してみたところ、なんと、毛と皮膚の間に小さい虫がいたのです。

 

その虫を見た瞬間、私は、毛ジラミだと理解しました。

 

普通に生活していたら毛ジラミにかかるはずがないので、間違いなく風俗でうつされたことはわかりました。

毛ジラミが彼女にうつる

毛ジラミにかかった当初は、病院に行ったりして診察してもらうのが恥ずかしく、治療は行わず虫を見つけては排除するだけでした。

 

その様に1カ月くらい放置していたところ、なんと彼女も陰毛付近がかゆいと言い出したのです。

 

実は、私は毛ジラミにかかった後も、彼女と性行為をしていたので、彼女に毛ジラミがうつってしまったのです。

 

その時、もちろん彼女に問い詰められましたが、学生時代の部活動の合宿で集団生活をした際にうつされたのかもと嘘をつき、なんとか難を逃れました。

 

しかし、今考えてみると苦しい言い訳です。

 

私の言い訳を信じた彼女も彼女ですが、私はすぐに治療することを決心しました。

薬局で薬を購入し治療

私は、治療を決心したものの、病院に行き女性の看護師さんにいろいろと質問されるのは恥ずかしいと思い、インターネットなどで調べた結果、薬局に毛ジラミの薬が売っていることを知りました。

 

薬局ならそんなにいろいろと聞かれることはないと思い、すぐに薬を購入し、私は治療を開始しました。

 

治療方法としては、陰毛をそった後に、薬剤で洗浄するのが基本のようでしたが、私はさすがに陰毛を剃ると恥ずかしいと思い、ただ洗浄するだけしかしませんでした。

 

洗浄だけでしたが、なんとかそれ以後かゆみを感じることはなかったので完治したと思い、それ以後は治療はしていません。

 

彼女にも洗浄させたところ、彼女もかゆみがなくなったと言っていたので、それ以後、彼女からもいろいろと言われることはありませんでした。

〜投稿者からのコメント〜
風俗で毛ジラミをうつされ、最初は治療しなかったが、彼女にうつしてしまったことから治療を決心。しかし、病院での診察が恥ずかしく、薬局での薬の購入のみでの治療だったが何とか完治した経験談。

↓↓↓↓↓↓↓