MENU

彼女から淋病をうつされて最悪な思いをしました

このエントリーをはてなブックマークに追加   
かかってしまった性病名 性別 年齢
淋病 男性 40歳

彼女から淋病感染

現在40歳の男性会社員ですが、以前交際していた彼女から淋病を移されたことがあります。

 

私は浮気はしてませんでしたし、過去にも風俗や出会い系のような不特定の女性と関係もなかったので、性病自体かかったことがなく、とてもショックな出来事でした。

 

そのおかげで感染源は彼女と特定できたわけですが、本当に最悪でした。

 

当時私と彼女は不仲ってわけではなかったんです。

 

大体週末にはお泊りデートをしてその度にエッチはしてましたし、平日はお互い仕事だったので浮気なんてしてる暇もないだろう、関係もラブラブだしと安心しきってました。

 

そんな時に淋病にかかってしまったんです。

淋病の症状

私は男性なので症状はすぐ出ました。女性は症状が出にくいらしく、私が彼女に性病感染してると告げるまで気づいていなかったので女性は要注意です。

 

症状は主に二つで、オシッコをする時の痛みと膿のような分泌液が出だしたことです。

 

オシッコをする時の痛みですが、最初は妙な感じがするって程度でした。

 

これがだんだん日が経つにつれ痛みへと変わっていき、この痛みに我慢できずに泌尿器科で診療してもらうことになったほどです。

 

膿のような分泌液は、尿道から漏れるような感じで出てきました。

 

これも最初は無色透明で臭いもしなかったのが段々黄緑色に変わり、臭いも独特の異臭を放つようになりました。

 

量も下着にシミが出来る所か、1,2時間に一回ティッシュでふき取ってあげないとダメなぐらい出るようになってました。

 

大体感染から一週間ぐらいで軽い症状が出始め、10日〜2週間経過ぐらいになるとその痛みが我慢できなくなってました。

治療は泌尿器科で

最初は何かバイキンでも入ったかと思いました。
まさか自分が性病感染してるなんて思いもよりませんし、薬局で消毒液を買ってきて塗れました。

 

もちろん効果はなく悪化する一方でした。

 

市販の薬品では治らないと判断し、泌尿器科で診察してもらうと淋病だと診断されました。

 

検査方法は尿検査で、検査結果が出るまで45分ぐらいかかってました。

 

治療は抗生物質と胃腸薬を飲むだけの簡単なものでした。

 

一応他にも性病感染してる可能性があるということで、血液検査で他の性病も検査してもらいましたが、幸い他はすべて陰性でした。

 

血液検査の結果は、三日後に通院して時に教えてもらいまいた。

 

抗生物質の効果はテキメンで、飲んだ翌日にはオシッコ時の痛みが軽くなってるのはわかりました。

 

4,5日目には痛みが違和感へと変わり、一週間後にはほぼ異常がないぐらい、この頃には膿の分泌液も出なくなってました。

 

2週間分抗生物質を飲んでから検査をしたんですが、まだ微妙なようでもう一週間薬を飲むように言われ、合計3週間分飲みました。

 

3週間分飲んでから一週間空白期間をあけ、もう一度検査をしてそこで完治してると告げられました。

彼女への報告

私が淋病にかかったと診断されてから彼女に淋病報告をしました。

 

電話ではなく直接会った時にです。

 

すでに物的証拠から彼女の浮気が原因なのは間違いないですが、本人の口から聞きたかったのもありますし性病持ちの彼女を許せませんでした。

 

彼女は自分が淋病であることにまったく気づいておらず、最近オリモノがキツイって程度の認識だったようです。

 

しかし彼女の下半身の臭いをかぐと、私の尿道から出てる膿のような分泌液と同じ臭いがしたので淋病なのはわかりました。

 

その事を告げ、彼女には産婦人科で検査をし治療させました。

 

彼女とは別れようとおもったんですが、泣いて許しを乞う姿を見てると許してしまいました。

 

しかし性病をもらってくる彼女を心の底から許すことはできなく、彼女的にも辛かったようで、結局半年後に彼女が浮気をして別れることになりました。

 

この一件から私は女性不信になり苦しむことになります。

 

性病は肉体的にも精神的にも相当なダメージがあるので感染しないように気をつけてください。

〜投稿者からのコメント〜
交際中の彼女からまさかの淋病感染!自分が性病に感染するなんて思ってなかったのでとてもショックでしたし、肉体的にも精神的にもボロボロになり女性不信になってしまいました。

↓↓↓↓↓↓↓

関連ページ

性感染症、特に淋病を甘くみてはいけない
淋病に感染した経験のある私が、性感染症の恐ろしさを体験談として書かせて頂きます。